ビジネスのトレンド?営業代行を利用するポイントとは


営業代行は営業のアウトソーシング

営業代行は、業務の効率化やコスト削減を図りたい企業の営業活動を代わりに請け負うサービスです。営業代行の業務内容は多岐にわたります。新規顧客の開拓だけでなく、マーケティング活動やコンサルティング、さらには営業戦略の立案や策定および実施に至るまで、一連の営業フローを幅広くカバーします。もちろんピンポイントで営業の課題に対応することも可能です。そのため営業代行を利用する場合には、営業代行に依頼する業務内容を明確にしておく必要があります。また自社の営業の課題を知り、営業方針をあらかじめ決めておくのが賢明です。

営業力診断で課題を知る

自社の営業の課題を知るのに役立つのが営業力診断です。客観的な判断基準に基づき、営業力を分析することによって、問題点が明確になります。営業力診断の結果を踏まえて営業代行を利用することで、営業力が強化されるのです。

営業代行を利用するメリット

自社で営業スタッフを採用し、育成するには時間とコストがかかります。しかし営業代行を利用すれば、既に営業ノウハウを身に付けた人材が即戦力となりますから、人材コストが大幅に削減できます。さらに、営業代行のスタッフが持つ人脈や経験から、新規顧客や新たな販路が見込めるでしょう。

営業の分業が効率化の鍵

営業のアウトソーシングの中で注目を集めているのが「アポハンター」です。営業スタッフが作成した顧客リストをもとに、営業スタッフの代わりに顧客と商談のアポイントを取り付ける仕事です。これまでは営業スタッフが担当していた業務をアポハンターに委託することで、営業活動のさらなる効率化が見込めます。

創業したばかりの企業だと、十分な経験を積む時間がないので優秀な営業マンがいないことがあります。迅速かつコストを抑えつつ、その穴を埋められるのが営業代行です